【スポンサーリンク】

アンソニー・デイビスの最大の問題はディフェンス?

アンソニー・デイビスの最大の問題はディフェンス?

ロサンゼルス・レイカーズのアンソニー・デイビスは、NBA屈指のディフェンダーだ。

レイカーズがNBAチャンピオンになったシーズンは特にディフェンスで貢献し、名実共にNBAトップクラスのディフェンダーとなったデイビス。

だが、デイビスのディフェンスを恐れているNBA選手は少ないのかもしれない。

StatMuseによると、今季のNBAでデイビスにディフェンスされた選手は、通常より1.3%高いFG成功率46.7%を記録しているという。

デイビスは昨季、怪我により長期離脱を強いられた。

その間に自身のフォームを見失ってしまったのか、復帰後のデイビスは浮き沈みが激しく、今季もそれが続いている。

デイビスが完全に復調しない限り、レイカーズがNBAタイトルを取り戻すのは難しいだろう。

だが、デイビスはレブロン・ジェイムスやラッセル・ウェストブルックから叱咤激励されながら自身を取り戻し、かつてのパフォーマンスを取り戻すに違いない。

なお、デイビスの今季とNBAキャリアのスタッツは以下の通りとなっている。

2021-22NBAキャリア
出場試合数25589
平均出場時間35.834.5
平均得点24.023.9
平均リバウンド10.210.2
平均アシスト3.02.3
平均スティール1.31.4
平均ブロックショット2.22.3
平均ターンオーバー2.01.9
FG成功率52.3%51.4%
3P成功率19.2%30.5%
フリースロー成功率72.3%
(キャリアワースト)
79.6%

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA