【スポンサーリンク】

チャウンシー・ビラップスHC「デイミアン・リラードに残留するよう働きかけることはない」

チャウンシー・ビラップスHC「デイミアン・リラードに残留するよう働きかけることはない」

ポートランド・トレイルブレイザーズのNBAオールスターガード、デイミアン・リラードには、トレードの噂が浮上していた。

リラードはブレイザーズがNBAタイトルを狙えるロスターを構築することを望み、もし実現しないならトレードを要求すると報じられていたが、リラードが少なくともオフシーズン中にトレードを要求することはないだろう。

そんな中、ブレイザーズのヘッドコーチに就任したチャウンシー・ビラップスが、リラードに言及した模様。

ビラップスHCによると、リラードがトレードを要求したとしても引き止めることはないという。ビラップスHCのコメントをRealGMが伝えている。

ポートランドに留まるように彼に働きかけることはしない。

私は彼にこう言ったんだ。

「私は君をコーチするためにここに来た。だが、君のキャリアであり、君の人生であり、君の家族のことなんだ」とね。

私にも同じような経験がある。

私が「ここに留まれ」とか、「あそこに行け」とか、「これをやれ」とか説教することはないよ。

リラードはブレイザーズにコミットしていることを明かしたが、もしブレイザーズがNBA2021-22シーズンも結果を残すことができなければ、再びトレードの噂が浮上するだろう。

このオフシーズンはロスターを抜本的に構築し直すことができず、NBAタイトル獲得は難しいと見られているブレイザーズ。

リラードをブレイザーズに長く留めるためにも、NBA2021-22シーズンはビラップスHCの手腕が試されることになりそうだ。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA