【スポンサーリンク】

ジョエル・エンビード「60年代なら僕がNBA史上最高の選手」

ジョエル・エンビード「60年代なら僕がNBA史上最高の選手」

フィラデルフィア・セブンティシクサーズのジョエル・エンビードは、NBAを代表するスーパースターのひとりだ。

多彩なスキル持ち、インサイドだけでなくアウトサイドでもプレイできるエンビードは昨季に続き今季もMVP最有力候補に挙がり、シクサーズを悲願のNBAチャンピオンに導く働きが期待されている。

そのエンビードが、60年代のNBAについて語った模様。

エンビードによると、もしエンビードが60年代のNBAでプレイしていれば、NBA史上最高の選手になっていたという。エンビードのコメントをfadeawayworld.netが伝えている。

今の僕たちのスキルレベルを想像できるかい?

もし僕が60年代でやっていたとしたらどうなる?

おそらく僕は彼らに刑務所に入れられる、もしくは史上最高の選手になっていただろうね。

60年代のNBAと言えば、ビル・ラッセルやウィルト・チェンバレンなどビッグマンが主流のゲームだった。

だが、近年のNBAはスキルが飛躍的に向上し、エンビードのようなスキルとアウトサイドショットを武器にするビッグマンも少なくない。

今と昔ではルールも違えばスキルも違うため、60年代のNBAと今のNBAを比較することはできないだろう。

だが、エンビードはいつの時代もNBAを代表するスーパースターとして君臨するに違いない。

なお、エンビードの今季とNBAキャリアのスタッツは以下の通りとなっている。

2021-22NBAキャリア
出場試合数59319
平均出場時間33.531.1
平均得点29.8
(キャリアハイ)
25.8
平均リバウンド11.311.3
平均アシスト4.3
(キャリアハイ)
3.3
平均スティール1.1
(キャリアハイ)
0.9
平均ブロックショット1.41.7
平均ターンオーバー3.03.4
FG成功率48.8%48.7%
3P成功率35.8%33.4%
フリースロー成功率81.9%81.1%

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA