【スポンサーリンク】

タイロン・ルーHCがジョエル・エンビードとジェイムス・ハーデンに「フリースローがなければ得点ランキングトップ10には入らない」

タイロン・ルーHCがジョエル・エンビードとジェイムス・ハーデンに「フリースローがなければ得点ランキングトップ10には入らない」

近年のNBAでは、フィラデルフィア・セブンティシクサーズのジェイムス・ハーデンとアトランタ・ホークスのトレイ・ヤングなどのようにディフェンダーからファウルを引き出し、フリースローで得点を重ねる選手も少なくない。

誰から邪魔されることがないフリースローは、バスケットボールのゲームにおいて最もイージーなスコアリング手段のひとつだ。

しかし、ロサンゼルス・クリッパーズを指揮するタイロン・ルーHCはファウルを故意に引き出すスキルを快く思っていないのかもしれない。

ルーHCによると、ハーデンとジョエル・エンビードはフリースローがなければNBAの得点ランキングトップ10圏外に落ちるという。ルーHCのコメントをfadeawayworld.netが伝えている。

エンビードはフリースローでリーグ1位、ジェイムス・ハーデンは3位だ。

彼らのフリースローを取り除いたら、彼らはどちらもスコアリングでトップ10に入らないだろう。

ファウルをもらう技術に関しては賛否両論ある。

だが、ルール上間違ったことをしているわけではない。

つまり、ルールが変わらない限り彼らはこれからもフリースローでスコアリングを重ねるだろう。

一方、NBAファンにとってはうんざりするプレイのひとつでもあるため、NBAがルールを微調整することを願いたいところだ。

なお、今季のNBAのフリースロー成功本数トップ20選手は以下の通りとなっている。

※①フリースロー成功本数、②今季合計得点

順位選手名所属②-①
1ジョエル・エンビードPHI57917871208
2ヤニス・アンテトクンポMIL49817831285
3デマー・デローザンCHI45618801424
4トレイ・ヤングATL43919151476
5ジェイムス・ハーデンPHI4181289871
6ジェイソン・テイタムBOS37118891518
7カール・アンソニー・タウンズMIN36416761312
8ジミー・バトラーMIA3601092732
9ニコラ・ヨキッチDEN33117541423
10シェイ・ギルジアス・アレクサンダーOKC32813711043
11ハリソン・バーンズSAC3201156836
12ジャ・モラントMEM31115431232
13ルカ・ドンチッチDAL30315871284
14ケビン・デュラントBKN29913651066
15ジュリアス・ランドルNYK29314011108
16デビン・ブッカーPHX28816591371
17ザック・ラビーンCHI27814851207
18ステフィン・カリーGSW27516301355
19ディアーロン・フォックスSAC26113671106
19ジャレン・ジャクソンJrMEM2611197936
19ルディ・ゴベールUTA261903642

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA