【スポンサーリンク】

ヨナス・バランチュナス「ニック・ナースHCが僕を成長させてくれた」

ヨナス・バランチュナス「ニック・ナースHCが僕を成長させてくれた」

オフシーズン中のトレードでニューオーリンズ・ペリカンズに加わったヨナス・バランチュナスは、今季37試合を終えて時点ですでに3ポイント試投数89本を記録している。

バランシュナスの3ポイント試投数のNBAキャリアハイは91本であり、それを大きく上回るペースで来ている。

3P成功率も42.7%と高い精度を維持しており、ビッグマンにもアウトサイドシュートが求められる現代のNBAゲームにフィットしだしたバランチュナス。

そのバランチュナスを変えたのは、トロント・ラプターズ時代の恩師であるニック・ナースHCだったようだ。

バランチュナスは自身とナースHCについて次のようにコメント。hoopsrumors.comが伝えている。

今日のNBAは変化している。

多才でなければならないし、シュートを撃つことができなければならない。

僕はこのリーグでできるだけ長くプレイしたい。

そのために3ポイントショットを加えたんだ。

正直に話すと、ニックから始まった。

彼が僕をこのように成長させてくれたんだ。

僕に3ポイントショットを撃つようにプッシュしてくれたのは、彼が初めてさ。

バランチュナスによると、当時ラプターズのアシスタントコーチだったナースがオフシーズン中にリトアニアを訪れたことがきっかけとなり、スコアリングを強化するようになったという。

バランチュナス擁するペリカンズは、現地9日にラプターズと対戦した。

ペリカンズは敗れてしまったものの、バランチュナスは3本中1本の3ポイントを含む20得点、17リバウンドを記録。

ナースHCもバランチュナスの成長と活躍を喜んだことだろう。

なお、バランチュナスの今季とNBAキャリアのスタッツは以下の通りとなっている。

2021-22NBAキャリア
出場試合数37658
平均出場時間31.725.9
平均得点18.6
(キャリアハイ)
13.2
平均リバウンド12.19.4
平均アシスト2.4
(キャリアハイ)
1.1
平均スティール0.6
(キャリアハイタイ)
0.4
平均ブロックショット0.91.0
平均ターンオーバー2.41.6
FG成功率52.2%
(キャリアワースト)
56.3%
3P成功率42.7%
(キャリアハイ)
37.5%
フリースロー成功率82.6%
(キャリアハイ)
78.3%

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA