【スポンサーリンク】

PJ・タッカー「僕は今が全盛期」

PJ・タッカー「僕は今が全盛期」

マイアミ・ヒートのPJ・タッカーは、NBA屈指のディフェンダーのひとりだ。

NBAキャリアを通して数々のスター選手たちを苦しめ、このNBAプレイオフでもアトランタ・ホークスのトレイ・ヤングやフィラデルフィア・セブンティシクサーズのジェイムス・ハーデンに問題をもたらしたタッカー。

現在37歳ということもあり、特にディフェンスで衰えが見えても不思議ではないが、タッカーによると、今が全盛期のように感じているという。

タッカーは自身について次のようにコメント。Andscapeが伝えている。

僕はエージェントにこう言ったんだ。

「31歳、32歳の頃より今のほうが良い感じだ」とね。

彼は「何だって?」という感じさ。

ここ2~3年の僕は全盛期だと思う。

今は全盛期の真っ只中だ。

身体とマインド、勝ち方を理解し、真の勝者になる方法を理解する。

僕は全盛期に入っていると感じている。

クレイジーだよね。

37歳の今もそう感じているのだから、クレイジーだ。

自分の身体とセラピストにたくさん投資してきた。

キャリアを通して身体をケアしてきた。

今も長時間コートに出てプレイし、やるべきことをし、毎晩身体を張れているのは、天の恵みさ。

昨季はミルウォーキー・バックスの一員としてNBAタイトル獲得に貢献し、今季はヒートの一員としてNBAタイトルを勝ち取ろうとしているタッカー。

海外を渡り歩いた経験がある苦労人のタッカーは、これからも最高の状態でプレイすべく努力を続けるに違いない。

なお、タッカーの今季レギュラーシーズンとNBAプレイオフのスタッツは以下の通りとなっている。

レギュラーシーズンNBAプレイオフ
出場試合数7111
平均出場時間27.929.5
平均得点7.68.8
平均リバウンド5.55.6
平均アシスト2.12.0
平均スティール0.80.5
平均ターンオーバー0.90.5
FG成功率48.4%55.7%
3P成功率41.5%48.4%
フリースロー成功率73.8%100%

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA