【スポンサーリンク】

アンファニー・サイモンズ「初めてボックスワンを仕掛けられた」

アンファニー・サイモンズ「初めてボックスワンを仕掛けられた」

ポートランド・トレイルブレイザーズのアンファニー・サイモンズは、NBAキャリア4年目となる今季を飛躍のシーズンとしている。

NBAオールスターポイントガードのデイミアン・リラードが負傷離脱したことに伴い、スターターとして起用されているサイモンズ。

サイモンズには来季、リラードとともにブレイザーズを牽引する働きが求められるだろうが、残りのシーズンはさらなる成長の大きなチャンスになるかもしれない。

サイモンズによると、先発センターのユスフ・ナーキッチが負傷離脱したため、相手チームのマークがサイモンズにより集中しているという。サイモンズのコメントをhoopsrumors.comが伝えている。

彼(ナーキッチ)が離脱したことにより、僕がスカウティングレポートのトップになるのは間違いないだろう。

だから、その間は学び続けなければならない。

僕にとってこれまで以上にタフになるのは間違いない。

だが、すべてを見る完璧な時間になるだろうね。

ウォリアーズは僕に対してボックスワンを仕掛けてきた。

ボックスワンを仕掛けられるのは、高校時代以来初めてじゃないかな。

その間を通してどうナビゲートしていかなければならないのか、興味深かったよ。

ナーキッチは3週間程度の離脱が予想されており、その間はサイモンズに相手チームのマークが集中するのは間違いないだろう。

ブレイザーズは今季を来季以降に向けた準備期間としているが、サイモンズがさらに成長することができれば、来季のリラードとサイモンズのバックコートは相手チームにとって脅威になるに違いない。

なお、サイモンズの今季とNBAキャリアのスタッツは以下の通りとなっている。

2021-22NBAキャリア
出場試合数57211
平均出場時間29.520.7
平均得点17.3
(キャリアハイ)
10.2
平均リバウンド2.6
(キャリアハイ)
2.2
平均アシスト3.9
(キャリアハイ)
2.0
平均スティール0.5
(キャリアハイ)
0.4
平均ターンオーバー2.01.1
FG成功率44.3%42.5%
3P成功率40.5%39.2%
フリースロー成功率88.8%
(キャリアハイ)
83.3%

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA