【スポンサーリンク】

ドレイモンド・グリーンがオールディフェンシブファーストチーム落選について「軽視されている」

ドレイモンド・グリーンがオールディフェンシブファーストチーム落選について「軽視されている」

NBAは先日、2021-22シーズンのオールディフェンシブチームを発表した。

今季のオールディフェンシブファーストチームに選出されたのは、ミルウォーキー・バックスのヤニス・アンテトクンポ、フェニックス・サンズのミカル・ブリッジズ、ユタ・ジャズのルディ・ゴベア、メンフィス・グリズリーズのジャレン・ジャクソンJr、ボストン・セルティックスのマーカス・スマートだ。

NBA屈指のディフェンダーとして知られるゴールデンステイト・ウォリアーズのドレイモンド・グリーンはセカンドチームに選出されたわけだが、グリーンによると、ファーストチームに選出された5人よりグリーンのほうが優れたディフェンダーだという。

グリーンはオールディフェンシブファーストチームに入れなかったことについて、次のようにコメント。fadeawayworld.netが伝えている。

ファーストチームの5人は、間違いなく僕より優れたディフェンシブシーズンを送っていなかった。

(オールディフェンシブチームに)出場試合数の規定はない。

もし規定の出場試合数があるなら、こう言っている僕はただのバカだ。

僕より優れたディフェンシブシーズンを送った選手を選ぶのは難しいんじゃないかな。

5人もいない。

だから、僕は何より軽視されたと感じているんだ。

今季のグリーンはディフェンスとプレイメイクで大きな役割を担ったが、怪我の影響でレギュラーシーズン46試合の出場にとどまった。

そのことがオールディフェンシブファーストチームに入れなかった要因かは分からないものの、グリーンはこれをモチベーションに変え、NBAタイトル奪還に向けて全力を尽くすことだろう。

なお、グリーンの今季レギュラーシーズンとNBAプレイオフのスタッツは以下の通りとなっている。

2021-22NBAキャリア
出場試合数4616
平均出場時間28.930.4
平均得点7.58.7
平均リバウンド7.36.9
平均アシスト7.06.3
平均スティール1.30.9
平均ブロックショット1.11.1
平均ターンオーバー3.02.8
FG成功率52.5%53.9%
3P成功率29.6%26.1%
フリースロー成功率65.9%65.7%

【スポンサーリンク】

  • Comments ( 1 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. By 匿名

    言いたい事はわかるし、評価規律にも無いけど
    46試合しか出てない選手が70試合ぐらい戦い抜いた選手と同じラインか?って言われたら…

*

CAPTCHA