【スポンサーリンク】

ユスフ・ナーキッチ「ここにいたいかどうかはもはや問題ではない」

ユスフ・ナーキッチ「ここにいたいかどうかはもはや問題ではない」

NBAオールスターのデイミアン・リラードにトレード要求の噂が浮上した時、ユスフ・ナーキッチは「彼はどこにも行かない。彼が出ていくなら僕も出ていく」と宣言した。

だが、その後チャウンシー・ビラップスがヘッドコーチに就任し、かつリラードのトレードの噂が収束したことにより、ナーキッチはブレイザーズの一員として尽力する決意を新たにしたのかもしれない。

ナーキッチは自身について次のようにコメント。hoopsrumors.comが伝えている。

僕がここにいたいかどうかは、もはや問題ではない。

チームがチャウンシーを雇った時、僕は彼と(アシスタントコーチの)ロイ・ロジャースと話をした。

もはや疑いはない。

僕はブレイザーズに100%コミットしているんだ。

ナーキッチはテリー・ストッツ前HCの起用法に不満を持っていたというが、ビラップスHCの下、ナーキッチに求められる役割は増えるだろう。

このオフシーズンのブレイザーズはロスターの補強に成功したと言えないものの、ナーキッチはリラードとともにブレイザーズを牽引し、昨季以上の成績をもたらしてくれるだろう。

なお、ビラップスHCはナーキッチの起用法についてこう語った。

今季はナーキッチからより多くを引き出したい。

彼はほとんどのチームが持っていない武器だ。

彼のローポストでのスコアリング能力を活かし、インサイドアウトのオフェンスを導入したい。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA