【スポンサーリンク】

カイリー・アービングが望むのはレブロン・ジェイムスのような影響力?

カイリー・アービングが望むのはレブロン・ジェイムスのような影響力?

ブルックリン・ネッツのNBAスター、カイリー・アービングは、今季終了後のメディアインタビューで「僕、KD(ケビン・デュラント)、ショーン(・マークスGM)、ジョー(オーナーのジョセフ・ツァイ)でこのフランチャイズを運営するだろう」と語った。

その後、マークスGMは最終決定権がマークスGMにあり、デュラントやアービングとチームの状態や未来について話をしたことはないと反応した。

だが、アービングの発言は契約に基づいてのものだったのかもしれない。

hoopsrumors.comによると、ネッツはアービングとの契約時にロスターを構築するうえで発言権を与えることに同意したという。

カイリーがフリーエージェントとしてネッツと契約した時、彼はこう言った。

「僕はケビン・デュラントをここに連れてくる」とね。

その見返りとして、ネッツは彼がロスター決定において発言を持つことに同意した。

彼はレブロン(・ジェイムス)のような状況を望んでいるんだ。

ネッツの組織はおそらくアービングに意見を求めるだろう。

一方、デュラントは先日、ロスターに意見することはない語った。

いずれにせよ、ネッツの組織と選手たちが一丸となり、来季に向けて準備を進めていくことを期待したいところだ。

【スポンサーリンク】

  • Comments ( 1 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. By 匿名

    へー
    海外は選手と運営の関係が全然違うのね

*

CAPTCHA