【スポンサーリンク】

ロンゾ・ボール「手術が必要なら選択肢はない」

ロンゾ・ボール「手術が必要なら選択肢はない」

シーズン中に左膝の半月板を損傷したロンゾ・ボールは、1月に手術を受けた。

離脱期間は当初6~8週間とされていたものの、ボールのリハビリは順調に進まず、今も停滞しているという。

今も左膝に痛みがあるというボールは、来週中に専門医による検査を受ける予定だ。

ボールは検査を前に次のようにコメント。NBC Sports Chicagoが伝えている。

(膝の状態は)ここ2週間は落ち着いていた。

できるだけ早く復帰できるように努力していた。

だが、まだ痛みがあるんだ。

だからこの夏には解決しないといけないね。

手術の必要がないことを祈っている。

もう手術は受けたくない。

だが、もし手術が必要なら選択肢はない。

この夏は膝の問題に対処しなければならない。

上半身より足のトレーニングだ。

医師やストレングスコーチと一緒に働き、健康を取り戻すためにすべきことをするだけだ。

ボールが左膝を手術したのは、2017年に続き2度目。

膝の問題は尾を引く可能性があるだけに、この夏に問題を解決し、万全な状態で来季開幕を迎えたいところだろう。

今季は不本意なシーズンに終わってしまったものの、来季はシーズンを通して健康を維持し、ブルズをNBAチャンピオンに導く働きを期待したい。

なお、ボールの今季とNBAキャリアのスタッツは以下の通りとなっている。

2021-22NBAキャリア
出場試合数35252
平均出場時間34.632.5
平均得点13.011.9
平均リバウンド5.45.7
平均アシスト5.1
(キャリアワースト)
6.2
平均スティール1.8
(キャリアハイ)
1.6
平均ターンオーバー2.32.5
FG成功率42.3%
(キャリアハイ)
40.0%
3P成功率42.3%
(キャリアハイ)
36.4%
フリースロー成功率75.0%57.8%

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA