【スポンサーリンク】

マックス・ストゥルスが最後の3ポイントについて「カイル・ラウリーの提案だった」

マックス・ストゥルスが最後の3ポイントについて「カイル・ラウリーの提案だった」

マイアミ・ヒートのマックス・ストゥルスは、NBAプレイオフシリーズを通してスターターとしてプレイしている。

ボストン・セルティックスとのNBAプレイオフ・カンファレンスファイナル第3戦では重要な3ポイントを成功させ、ヒートの勝利に貢献したストゥルス。

セルティックスはストゥルスにとって初めて契約したNBAチームだが、ストゥルスによると、試合終盤に決めた3ポイントはカイル・ラウリーの提案によるものだったという。

ストゥルスは第4Q残り2分16秒にセルティックスを突き放す3ポイントを決めたプレイについて、次のようにコメント。hoopsrumors.comが伝えている。

彼(ラウリー)はタイムアウト中にこう言ったんだ。

「マックスのためのプレイをやろう。彼をオープンにさせよう」とね。

彼がそう言うと、ステップアップしてショットを決める大きな自信になる。

僕が撃ったのは普通のショットだ。

バム(アデバヨ)とPJ(タッカー)が素晴らしいスクリーンを仕掛けてくれ、ワイドオープンジャンパーを決めることができたんだ。

2019年のNBAドラフトで指名されなかったストゥルスは、セルティックスの一員としてサマーリーグに出場し、スタンダード契約を勝ち取った。

だが、シーズン開幕前にウェイブされ、セルティックスのユニフォームを着てレギュラーシーズンの試合に出場することはなかった。

ラウリーはそれを知っており、ストゥルスに自信を持たせたかったのかもしれない。

ストゥルスは残りのシリーズも自信を持ってプレイし、ヒートの勝利に貢献することだろう。

なお、ストゥルスのNBAプレイオフ・カンファレンスファイナルのスタッツは以下の通りとなっている。

第1戦第2戦第3戦
出場時間30:0325:5234:08
得点11616
リバウンド454
アシスト222
スティール210
ブロック011
TO111
FG成功率44.4%
(4/9)
28.6%
(2/7)
50.0%
(6/12)
3P成功率37.5%
(3/8)
28.6%
(2/7)
57.1%
(4/7)
FT成功率
+/--12-5-1

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA