【スポンサーリンク】

CJ・ワトソン「デリック・ローズは不当な評価をされていた」

2008年のNBAドラフト1位でシカゴ・ブルズに入団し、史上最年少でMVPに輝いたデリック・ローズには、NBAを牽引するスーパースターとして大きな期待がかかっていた。

だが、2度の膝の怪我でキャリアは低迷。

復帰後はかつてのようなパフォーマンスを見せることができず、ローズを酷評するファンも少なくなかった。

だが、チームメイトとしてローズを見ていたCJ・ワトソンによると、当時のローズは不当な評価を受けていたという。

ワトソンはローズについて次のようにコメント。NBC Sports Chicagoが伝えている。

彼は間違いなく素晴らしいチームメイトであり、僕のお気に入りのひとりだった。

怪我は損害をもたらすものだ。

彼はMVPレベルを基準として見られていたし、中には彼を不当に評価する者もいた。

だが、彼はハードに働いていたんだ。

私は彼を応援しているし、いつも見ているよ。

ローズは厳しい時間を過ごしていたものの、恩師トム・ティボドー率いるミネソタ・ティンバーウルブズ移籍後に奇跡的な復活を遂げた。

今季はデトロイト・ピストンズの一員として活躍し、かつてほどの爆発力はないものの、トップレベルのパフォーマンスを見せている。

来季もピストンズでプレイする可能性が高いが、さらに熟練したプレイを見せてもらいたいところだ。

なお、ローズのスタッツは以下の通りとなっている。

今季スタッツキャリアスタッツ
出場試合数50596
平均出場時間26.032.6
平均得点18.118.8
平均リバウンド2.43.4
平均アシスト5.65.6
平均スティール0.80.8
平均ターンオーバー2.52.6
FG成功率49.0%(キャリアハイ)45.6%
3P成功率30.6%30.4%
フリースロー成功率87.1%82.7%

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA