【スポンサーリンク】

レイカーズはラッセル・ウェストブルックとNBAドラフト1巡目指名権のセットを拒否?

レイカーズはラッセル・ウェストブルックとNBAドラフト1巡目指名権のセットを拒否?

ロサンゼルス・レイカーズのNBAスター、ラッセル・ウェストブルックを巡っては、さまざまな噂や憶測が浮上している。

ウェストブルックにはトレードの噂が浮上しているが、ウェストブルックの市場価値は低下しているため、トレードは難しいというのが大方の見方だ。

ウェストブルックをトレードで放出するには、少なくともNBAドラフト1巡目指名権をセットにしなければならないだろう。

だが、レイカーズはこれまでの姿勢を貫こうとしているのかもしれない。

hoopsrumors.comによると、ウェストブルックをトレードで放出するためにNBAドラフト1巡目指名権をセットにする考えは、レイカーズにはないという。

ただし、即戦力のローテーションプレイヤーを獲得できる場合に限り、NBAドラフト1巡目指名権をセットにする可能性があると報じられている。

レイカーズのトレード相手として有力視されているのは、シャーロット・ホーネッツとインディアナ・ペイサーズ。

レイカーズはホーネッツのテリー・ロジアー、PJ・ワシントン、ゴードン・ヘイワード、ケリー・ウーブレ、メイソン・プラムリー、ペイサーズのマルコム・ブログドン、マイルズ・ターナー、バディ・ヒールドに関心を持っていると噂されている。

だが、ウェストブルックとNBAドラフト1巡目指名権1つだけでトレードを実現させるのは難しいかもしれない。

レイカーズがNBAドラフト1巡目指名権をもう1つプラスすれば可能性は高まるだろうが、レイカーズがどう対処するのか注目が集まるところだ。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA