【スポンサーリンク】

マリク・モンク「スターターの役割に慣れつつある」

マリク・モンク「スターターの役割に慣れつつある」

NBAキャリア5年目を迎えているロサンゼルス・レイカーズのマリク・モンクは、現在4試合連続でスターターに起用されている。

今季ほとんどの試合でベンチから出場し、セカンドユニットのメインスコアラーとして活躍していたモンク。

だが、スターター抜擢後も素晴らしいパフォーマンスを続けており、現地2日に行われたミネソタ・ティンバーウルブズ戦では4本の3ポイントを含む22得点で勝利に貢献した。

モンクによると、スターターの役割に徐々に慣れつつあるという。モンクのコメントをtalkbasket.netが伝えている。

スターターの役割に慣れつつある。

ブロン、ラス、全員が僕を気持ち良くプレイさせてくれている。

僕に「突き進め」、「君自身になれ」と言ってくれる。

僕をスコアリングできる素晴らしい状況に置いてくれるんだ。

モンクのスコアリングはレイカーズにとって不可欠なオプションとなりつつあり、指揮官のフランク・ボーゲルHCはおそらくこれからもモンクをスターターとして起用するだろう。

レイカーズには30代後半の大ベテランが多いため、まだ23歳と若いモンクにはレイカーズにエネルギーをもたらし続けてもらいたいところだ。

なお、モンクの今季とNBAキャリアのスタッツは以下の通りとなっている。

2021-22NBAキャリア
出場試合数33266
平均出場時間25.318.8
平均得点11.39.4
平均リバウンド2.72.1
平均アシスト2.1
(キャリアハイタイ)
1.8
平均スティール0.7
(キャリアハイ)
0.5
平均ターンオーバー1.31.2
FG成功率47.4%
(キャリアハイ)
41.2%
3P成功率37.3%34.4%
フリースロー成功率87.7%84.7%

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA