【スポンサーリンク】

ラマダン期間中のカイリー・アービングがバナナを食す

ラマダン期間中のカイリー・アービングがバナナを食す

ブルックリン・ネッツは現地20日、ボストン・セルティックスとのNBAプレイオフ・ファーストラウンド第2戦を落とし、シリーズを0勝2敗とした。

NBAスターのカイリー・アービングはシリーズ第1戦で6本の3ポイントを含む39得点と大活躍したものの、第2戦はわずか10得点、FG成功率30.8%(4/13)、3P成功率0%(0/1)にとどまった。

アービングは現在ラマダン期間中で断食をしているが、さすがにエネルギー不足を感じたのかもしれない。

fadeawayworld.netによると、アービングは第1Q終盤にロッカールームに下がると、バナナを持ってきてベンチで食していたという。

アービングは現在、日の出前と日没後しか飲食できない。

つまり、この1本のバナナが日の出以降初めての食事となる。

コートに立つと厳しいマークと激しいブーイングに見舞われ、ストレス続きのアービング。

この日のアービングはコートサイドのセルティックスファンのトラッシュトークを受け流し、「もう罰金を支払うつもりはない」と反応したというが、ファンに対抗する元気が残っていなかったのかもしれない。

古巣相手に追い詰められたアービングには、ホームでの第3戦と第4戦での奮起を期待したいところだ。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA