【スポンサーリンク】

ラジョン・ロンド「レイカーズ以外は考えなかった」

ラジョン・ロンド「レイカーズ以外は考えなかった」

ベテランポイントガードのラジョン・ロンドは、オフシーズン中のトレードでロサンゼルス・クリッパーズからメンフィス・グリズリーズに移籍した後、グリズリーズには残らず、他のNBAチームでプレイすると報じられていた。

ロンドにはロサンゼルス・レイカーズやフィラデルフィア・セブンティシクサーズなどが関心を持っていたというが、ロンドは古巣レイカーズ移籍を即断。

ロンドによると、レイカーズとの契約に一切の迷いはなかったという。

ロンドはレイカーズとの契約を振り返り、次のようにコメント。fadeawayworld.netが伝えている。

他は考えなかった。

ここが僕の場所だったのさ。

彼らは僕にこのチームでの役割について話してくれた。

それに、過去数シーズンと比較して、僕がもたらすことに期待していると言ってくれたんだ。

自分の番号が呼ばれた時のために備えるだけだ。

ポイントガードのポジションは間違いなく厚い。

望むだけの出場時間は得られないことを理解する。

それと同時に、若手たちのメンターになることも理解しなければならない。

ベストを尽くすだけさ。

レイカーズはこのオフシーズン中にNBAオールスターポイントガードのラッセル・ウェストブルックと、若手ポイントガードのケンドリック・ナンを獲得した。

また、テイレン・ホートン・タッカーがポイントガードのポジションで起用されるケースもあるため、ロンドの役割は2年前と比較すると少なくなってしまうかもしれない。

だが、ロンドの経験とコートビジョンが必要な時が必ず来るだろう。

自身の役割を理解しているロンドには期待して良さそうだ。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA