【スポンサーリンク】

チャンドラー・パーソンズがグリズリーズの元幹部に大人の対応

チャンドラー・パーソンズがグリズリーズの元幹部に大人の対応

2011年のNBAドラフト38位選手であるチャンドラー・パーソンズは、アトランタ・ホークスで過ごした2019-20シーズン以降NBAから離れている。

パーソンズはヒューストン・ロケッツの一員として華々しいNBAキャリアを送ったものの、度重なる怪我が影響し、メンフィス・グリズリーズに所属した2016-17シーズンから出場機会が激減。

にも関わらずグリズリーズから9400万ドルの大金を得たため、不良債権となったパーソンズには批判が集中していた。

当時グリズリーズで働いていたジョン・ホリンジャーも、不良債権化したパーソンズに頭を悩まされていたのかもしれない。

larrybrownsports.comによると、ホリンジャーはSNS上で「嘘のような本当の話を教えてくれ」と訊かれたところ、「1時間足らずで、ある人間に2億5000万ドルを使ったことだ」と返したという。

ホリンジャーがパーソンズの名前を出すことはなかったものの、パーソンズは自身のことだと感じ、「すごく感謝している」とツイートした。

https://twitter.com/ChandlerParsons/status/1471603319806181378

パーソンズはグリズリーズの3シーズンでわずか95試合の出場にとどまり、その後のトレードでアトランタ・ホークスに移籍。

すると、しばらくした後にホリンジャーもグリズリーズを去ることになった。

パーソンズは怪我に苦しむNBAキャリアを送っただけでなく、ホークス所属時は練習後の帰り道で交通事故に巻き込まれ、脳震盪とむち打ちを発症。

当然ホークスで出場機会を得ることはできず、シーズン中にウェイブされた。

現在33歳のパーソンズがNBAに復帰することはおそらくないだろう。

だが、少なくとも今は幸せな人生を送っているに違いない。

なお、パーソンズのNBAキャリアスタッツは以下の通りとなっている。

NBAキャリア
所属チームヒューストン・ロケッツ
ダラス・マーベリックス
メンフィス・グリズリーズ
アトランタ・ホークス
出場試合数440
平均出場時間30.1
平均得点12.7
平均リバウンド4.5
平均アシスト2.7
平均スティール0.9
平均ターンオーバー1.5
FG成功率46.2%
3P成功率37.3%
フリースロー成功率71.3%

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA