【スポンサーリンク】

ラッセル・ウェストブルックがレイカーズへのトレードについて「後悔はない」

ラッセル・ウェストブルックがレイカーズへのトレードについて「後悔はない」

NBAオールスターポイントガードのラッセル・ウェストブルックは、昨年夏のトレードでワシントン・ウィザーズからロサンゼルス・レイカーズに移籍した。

だが、ウェストブルックはレイカーズを勝利に導くパフォーマンスを見せることができず、ファンから強烈にバッシングされている。

早くも「ラッセル・ウェストブルックをトレードしろ」という声が聞こえ始めているが、ウェストブルックはホームチームのレイカーズにトレードされたことをどう考えているのだろうか?

ウェストブルックによると、レイカーズへのトレードに後悔はないという。ウェストブルックのコメントをRealGMが伝えている。

僕はハッピーさ。

なぜなら、(ロサンゼルスでは)子どもたちや家族、母、父に会えるからね。

僕にとってはそれが何より重要なんだ。

家にいることができるし、家族を抱きしめることができる。

彼らも僕に会うことができるし、僕は子どもたちの成長を毎日見ることができる。

それに毎朝学校に送ることもできる。

僕はそれが嬉しいんだ。

(レイカーズへのトレードに)後悔はないよ。

まったくない。

なぜなら、君たちには伝えておきたいが、僕にとって(家族は)バスケットボール以上のものだからね。

また、ウェストブルックはレイカーズからトレードされることも心配していないという。

まったく心配していない。

プロフェッショナルとして仕事をするだけさ。

僕のトレードの噂は毎年出るからね。

それが僕のアプローチ方法に影響を及ぼすことは絶対にない。

トレードされたとしてもされなかったとしても、僕のメンタリティや僕の目的に変わりはない。

僕はバスケットボール以上の目的があると思っているし、プロスポーツの中でどんなことが起ころうとも、常にその目的を最優先にしているんだ。

そう話したウェストブルックだが、レイカーズファンとしては「僕はすぐに自分自身を取り戻す」、「すぐにレイカーズを勝利に導いてみせる」などといった言葉が欲しかったところかもしれない。

ウェストブルックにはトレードの噂が浮上しているものの、大型契約と今季のパフォーマンスが足かせとなり、ウェストブルックに興味を持っているNBAチームはひとつもないと報じられている。

つまり、レイカーズはウェストブルックと心中する他ないわけだが、ウェストブルックには周囲の批判を覆すパフォーマンスを期待したいところだ。

なお、ウェストブルックの今季とNBAキャリアのスタッツは以下の通りとなっている。

2021-22NBAキャリア
出場試合数42985
平均出場時間35.534.8
平均得点18.723.0
平均リバウンド8.27.4
平均アシスト8.18.5
平均スティール1.1
(キャリアワースト)
1.7
平均ターンオーバー4.44.1
FG成功率43.7%43.7%
3P成功率28.8%30.5%
フリースロー成功率65.6%
(キャリアワーストタイ)
78.6%

【スポンサーリンク】

  • Comments ( 2 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. By 匿名

    確かに今の環境だったり成績だったりを考えるとバスケットボール以上という発言はして欲しくなかったな…

  2. By 匿名

    こいつもう本当ダメだ…

*

CAPTCHA