【スポンサーリンク】

【NBA】オクラホマシティ・サンダーvsデトロイト・ピストンズ 11月9日結果

【NBA】オクラホマシティ・サンダーvsデトロイト・ピストンズ 11月9日結果

日本時間11月9日に行われたオクラホマシティ・サンダー対デトロイト・ピストンズ戦は、119-110でアウェイのサンダーが勝利した。

サンダーでは、エースのケビン・デュラントが44分の出場で37得点、8リバウンド、7アシスト、3スティール、1ブロックショットと大暴れ。

さらに復帰間もないラッセル・ウェストブルックも20得点を記録し、勝利に貢献した。

ただ、この試合でポイントとなったのは、2人のエースではない。

サンダーのベンチメンバーだ。

ウェストブルック不在時に先発出場していたレジー・ジャクソンが約18分の出場で6得点、6アシスト、6リバウンド、成長著しいスティーブン・アダムスが約30分の出場で17得点、10リバウンド、3ブロックショット、ジェレミー・ラムが約16分の出場で10得点、デレック・フィッシャーが約7分の出場で3P2本を含む10得点を挙げ、ベンチ選手でも戦えることを証明した。

一方のピストンズでは、グレッグ・モンローが20得点、15リバウンド、2スティール、2ブロックショット、ジョシュ・スミスが25得点、8リバウンド、1ブロックショット、ブランドン・ジェニングスが22得点、11アシスト、4スティールを記録するも勝利ならず。

強みとしているリバウンドでも、サンダーに10本差を付けられた形となった。

1Q2Q3Q4QTOTAL
サンダー20352935119
ピストンズ22292534110

オクラホマシティ・サンダー スタッツ

先発メンバー

  • ケビン・デュラント
  • サージ・イバカ
  • ケンドリック・パーキンス
  • タボ・セフォローシャ
  • ラッセル・ウェストブルック

得点

  • ケビン・デュラント:37
  • ラッセル・ウェストブルック:20
  • スティーブン・アダムス:17

アシスト

  • ケビン・デュラント:7
  • レジー・ジャクソン:6

リバウンド

  • スティーブン・アダムス:10
  • サージ・イバカ:9
  • ケビン・デュラント:8

チームアベレージ

  • FG成功率45.1%
  • 3P成功率35.3%
  • FT成功率88.6%
  • ターンオーバー:13

デトロイト・ピストンズ スタッツ

先発メンバー

  • ジョシュ・スミス
  • グレッグ・モンロー
  • アンドレ・ドラモンド
  • チャウンシー・ビラップス
  • ブランドン・ジェニングス

得点

  • ジョシュ・スミス:25
  • ブランドン・ジェニングス:22
  • グレッグ・モンロー:20

アシスト

  • ブランドン・ジェニングス:11

リバウンド

  • グレッグ・モンロー:15
  • ジョシュ・スミス:8

チームアベレージ

  • FG成功率42.9%
  • 3P成功率35.5%
  • FT成功率77.8%
  • ターンオーバー:13

【スポンサーリンク】

  • Comments ( 2 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. By 名無し

    66リバウンド・・・センターは果たして必要なのか(困惑)

    • By nba-sweetdays

      ご指摘ありがとうございます(^-^)

      またやっちゃいましたね(^^;)
      とても助かります!
      多分これからも同じようなミスすると思いますので、どんどん突っ込んでくださいねm(_ _)m

*

CAPTCHA