【スポンサーリンク】

フランク・ボーゲルHCがラジョン・ロンドからの感謝の言葉について「コーチ妙冥利に尽きる最高の瞬間」

ロサンゼルス・レイカーズはコービー・ブライアントが牽引した2010年以来となるNBAチャンピオンに輝いた。

チームを10年ぶりとなるNBAチャンピオンに導いたは、やはりレブロン・ジェイムスとアンソニー・デイビスだろう。

だが、彼らをサポートするプレイヤーたちも素晴らしいパフォーマンスを見せ、レイカーズのNBAタイトル獲得に貢献。

中でも「プレイオフ・ロンド」ことラジョン・ロンドの貢献は大きかった。

指揮官のフランク・ボーゲルHCも絶大な信頼を置いているロンド。

そのロンドの言葉に、ボーゲルHCは胸を打たれたのかもしれない。

ボーゲルHCによると、レイカーズがNBAチャンピオンに輝いた後、ロンドから感謝の言葉を伝えられたという。ボーゲルHCのコメントをyardbarker.comが伝えている。

彼に「僕を信じてくれてありがとう」と言ってもらったよ。

コーチ冥利に尽きる最高の瞬間だった。

誰かに自信と信念を示し、彼らが素晴らしいプレイで報われた時、チャンピオンに導いてくれた時、それはスペシャルな瞬間であり、絶対に忘れられない。

何よりそのためにこの仕事をしている。

このような瞬間のために仕事をしているんだ。

ボーゲルHCによると、レイカーズのヘッドコーチに就任した昨年夏にロンドを呼び出し、「私ほどラジョン・ロンドのファンであるコーチはNBAにいない」と伝えたという。

負傷離脱時はコーチ陣に加わり、裏方としてもボーゲルHCをサポートしたロンド。

このオフシーズンにFAになる見込みだが、今季はロンドの復活を見たシーズンだったとも言えるだろう。

ボーゲルHC率いるレイカーズがFAになるロンドにどう対処するのか注目したいところだ。

なお、レイカーズはオクラホマシティ・サンダーのオールスターポイントガード、クリス・ポールのトレード獲得を狙っていると噂されている。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA