【スポンサーリンク】

ドワイト・ハワードがクリッパーズ戦で退場処分を受けた理由とは?

ドワイト・ハワードがクリッパーズ戦で退場処分を受けた理由とは?

フィラデルフィア・セブンティシクサーズのベテランセンター、ドワイト・ハワードは、現地27日に行われたロサンゼルス・クリッパーズ戦で2度のテクニカルファウルをコールされ、退場処分を命じられた。

ハワードが2度のテクニカルファウルで退場処分を強いられたのは、ロサンゼルス・レイカーズ戦に続き2試合連続となる。

レイカーズ戦ではモントレズ・ハレルに執拗に絡んだことが原因だったが、クリッパーズ戦ではなぜ退場させられたのだろうか?

talkbasket.netによると、NBAオフィシャルがハワードの退場処分について説明したという。

1度目のテクニカルファウルをコールしたオフィシャルについて、彼はオフィシャルと話をした。

その時、オフィシャルに対して侮辱的な言葉を発した。

そのため2度目のテクニカルファウルをコールした。

ジョエル・エンビードが負傷離脱しているシクサーズにとって、ハワードは重要なビッグマンとなっている。

レイカーズ戦で退場処分を命じられた後、指揮官のドック・リバースHCは「規律を守らなければならない」とし、ハワードに釘を差した。

だが、リバースHCの言葉はハワードに届いていなかったのかもしれない。

なお、クリッパーズに敗れたことにより、イースタン・カンファレンス首位のシクサーズと同2位のブルックリン・ネッツのゲーム差は1.0となった。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA