【スポンサーリンク】

ジェイムス・ボーレゴHC「ラメロ・ボールがボールを持つと何が起こるか分からない」

2020年のNBAドラフト3位でシャーロット・ホーネッツに入団したラメロ・ボールは、プレイメイキングとパスに定評ある将来有望な若手プレイヤーのひとりだ。

すでにホーネッツにとって重要なプレイメイカーとなり、今後ますますの成長が期待されているボール。

ホーネッツの指揮官であるジェイムス・ボーレゴHCは、NBAファンと同じようにボールのパフォーマンスにワクワクしているのかもしれない。

ボーレゴHCはボールについて次のようにコメント。clutchpoints.comが伝えている。

彼がボールを持った時、何が起こるのか私にも分からない。

分からない。

彼のチームメイトたちも分かっていない。

最も大きいのは、対戦相手も分かっていないということだ。

彼は我々をスパークしてくれている。

我々にエネルギーをもたらしてくれているんだ。

ボールの開幕2試合の出場時間は平均15分程度だったが、試合を経るたびに長くなってきている。

現在はベンチプレイヤーとしてプレイしているものの、近い将来スターターのポジションを勝ち取る日が来るだろう。

兄ロンゾ・ボールのNBAキャリア序盤は酷評続きだったが、ラメロ・ボールはまずまずの出だしに成功したと言えそうだ。

なお、ラメロ・ボールの今季のスタッツは以下の通りとなっている。

今季スタッツ
出場試合数8
平均出場時間24.0
平均得点11.8
平均リバウンド5.1
平均アシスト4.9
平均スティール1.6
平均ターンオーバー2.1
FG成功率40.5%
3P成功率34.3%
フリースロー成功率73.7%

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA