【スポンサーリンク】

クリスタプス・ポルジンギスがルカ・ドンチッチのボール支配に不満?

クリスタプス・ポルジンギスがルカ・ドンチッチのボール支配に不満?

ダラス・マーベリックスのルカ・ドンチッチは、ロサンゼルス・クリッパーズとのNBAプレイオフ・ファーストラウンドで圧倒的なパフォーマンスを見せた。

マブスは敗れてしまったものの、平均35.7得点を叩き出したドンチッチにとってNBAを代表するスーパースターのひとりであることを証明したシリーズだったと言えるだろう。

だが、相棒のクリスタプス・ポルジンギスは快く思っていないのかもしれない。

talkbasket.netによると、ポルジンギスはドンチッチがボールを支配し、自身がドンチッチと同じレベルのスコアリングオプションとして見られていないことに不満を感じているという。

また、低得点で終わった試合後は「オフェンスに関与させてもらえない」と、高得点で終わった試合後は「今夜はボールが回っていた」と何度も発言したと報じられている。

ポルジンギスはクリッパーズとのファーストラウンド7試合で13.1得点、5.4リバウンドに終わった。

ポルジンギスにはサイズをアドバンテージとし、クリッパーズのインサイドを攻め込む働きが期待されたものの、決してうまく機能したとは言えないだろう。

ドンチッチとのケミストリーが疑問視されている中、マブスがポルジンギスをどう評価するのか注目が集まるところだ。

なお、ポルジンギスの今季とNBAキャリアスタッツは以下の通りとなっている。

今季スタッツNBAキャリア
出場試合数43286
平均出場時間30.931.1
平均得点20.118.7
平均リバウンド8.97.8
平均アシスト1.61.5
平均スティール0.5
(キャリアワースト)
0.7
平均ブロックショット1.3
(キャリアワースト)
1.9
平均ターンオーバー1.21.7
FG成功率47.6%
(キャリアハイ)
44.1%
3P成功率37.6%36.1%
フリースロー成功率85.5%
(キャリアハイ)
80.9%

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA