【スポンサーリンク】

ロケッツがネッツとジェイムス・ハーデンのトレードを再交渉か?

ヒューストン・ロケッツは先日、ジェイムス・ハーデンのトレードに関してブルックリン・ネッツと交渉したと報じられた。

だが、ロケッツがカイリー・アービングもしくはケビン・デュラントをトレードパッケージに加えるよう要求すると、当然ながらネッツは拒否。

この結果を受け、ネッツとのトレードは実現しないと見られていた。

だが、NBA2020-21シーズン開幕を3日後に控えた今、新たな動きがあったようだ。

Heavy.comの記者によると、ロケッツとネッツはハーデンのトレードに関し、もう1つのNBAチームを含めて交渉を始めたという。

ネッツがアービングとデュラントをトレードで放出することはないだろう。

つまり、このトレードが実現すればネッツはアービングとデュラント、そしてハーデンという恐ろしいビッグ3を擁するチームに生まれ変わる。

ボールを持つタイプであるアービングとハーデンのケミストリーが気になるところだが、ネッツがNBAタイトルコンテンダーになるのは間違いない。

シーズン開幕が迫る中、ハーデンの動向にますます注目が集まることになりそうだ。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA