【スポンサーリンク】

トレード回避のロンゾ・ボール「ここにいられて嬉しい」

トレード回避のロンゾ・ボール「ここにいられて嬉しい」

ニューオーリンズ・ペリカンズのロンゾ・ボールには、トレードの噂が浮上していた。

ボールにはニューヨーク・ニックスやロサンゼルス・クリッパーズなど多くのNBAチームが関心を示し、トレードによる獲得を狙うと噂されてたが、現地3月25日の期限までにトレードが成立することはなかった。

これを受け、長く沈黙を通していたボールが口を開いた模様。

ボールはトレードで放出されなかったことについて、次のようにコメントしたという。fadeawayworld.netが伝えている。

ここにいられて嬉しいよ。

結局のところ、僕はトレードされなかった。

僕は僕がいたいと思っている場所にいる。

なるべくしてなった。

僕は自分がいるべき場所にいるんだ。

トレードの噂の発端となったのは、ボールが今季終了後に制限付きFAになること、そして父ラバー・ボールが「息子はニューオーリンズで満足していない。より大きなマーケットでプレイすることを望んでいる」とし、他チーム移籍の可能性を示唆したことだろう。

FA市場が近づくに連れ、トレードの噂は再び加熱するだろうが、NBAキャリアベストのパフォーマンスを見せているボールには外部のノイズに惑わされず、司令塔としてペリカンズをプレイオフに導いてもらいたい。

なお、ボールの今季とNBAキャリアスタッツは以下の通りとなっている。

今季スタッツNBAキャリア
出場試合数38200
平均出場時間31.732.2
平均得点14.2
(キャリアハイ)
11.4
平均リバウンド4.2
(キャリアワースト)
5.8
平均アシスト5.66.4
平均スティール1.3
(キャリアワースト)
1.5
平均ターンオーバー2.02.5
FG成功率42.5%
(キャリアハイ)
39.7%
3P成功率38.5%
(キャリアハイ)
35.2%
フリースロー成功率76.7%
(キャリアハイ)
53.8%

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA