【スポンサーリンク】

デイミアン・リラード「僕はNBAで最高の選手のひとり」

デイミアン・リラード「僕はNBAで最高の選手のひとり」

ポートランド・トレイルブレイザーズは今季厳しい出だしを強いられたものの、現在5連勝中と調子を取り戻しつつある。

先発センターのユスフ・ナーキッチとCJ・マッコラムが負傷離脱しているにもかかわらず快進撃を見せているのは、やはりNBAオールスターであるデイミアン・リラードの活躍が大きいだろう。

ここ最近のパフォーマンスによりMVPに推す声が増えており、ますますの活躍を期待されているリラード。

そのリラードがMVPについて語った模様。

リラードによると、自身はMVPを受賞できるレベルにあるという。リラードのコメントをfadeawayworld.netが伝えている。

ベストプレイヤーがMVPを勝ち取る。

そういった選手たちはチームの勝ち負けに大きな責任を背負っている。

彼らは毎晩毎晩ショーアップし、テレビ放送される試合に出場している選手なんだ。

CJがいなければ、僕はより重い責任を負うことになるだろう。

ナークがいなければ、もっと責任を負うことになるだろう。

多くのことに気づかなければならなくなるし、それがチームの勝利に影響を及ぶすことを認識してアクションを起こさなければならない。

それが皆が思うMVPなんじゃないかな。

君たちも分かっていると思うが、僕は自分がこのリーグのトップだと思っている。

このリーグにおいてベストプレイヤーのひとりだし、ぼくはそのレベルにあると思っているんだ。

ブレイザーズは現在5連勝中であるものの、順位はウェスタン・カンファレンス4位。

MVPに選出されるにはもっと上位を狙いたいところだ。

だが、リラードは常にブレイザーズの勝利だけを考え、MVPを受賞するために数字を作るようなことはしないだろう。

なお、リラードの今季とNBAキャリアスタッツは以下の通りとなっている。

今季スタッツNBAキャリア
出場試合数26641
平均出場時間35.836.4
平均得点29.324.4
平均リバウンド4.44.2
平均アシスト7.46.6
平均スティール1.11.0
平均ターンオーバー3.12.8
FG成功率44.8%43.8%
3P成功率38.0%37.3%
フリースロー成功率93.0%
(キャリアハイ)
89.1%

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA