【スポンサーリンク】

ケンドリック・パーキンス「クリス・ポールはレイカーズと、ラジョン・ロンドはクリッパーズと契約する」

ケンドリック・パーキンス「クリス・ポールはレイカーズと、ラジョン・ロンドはクリッパーズと契約する」

NBAチャンピオンのロサンゼルス・レイカーズは、連覇へ向けて第3のスタープレイヤー獲得を狙うとされている。

その候補のひとりとして噂されているのが、ベテランポイントガードのクリス・ポールだ。

ポールをトレードで獲得する場合、レイカーズはラジョン・ロンドとの再契約を見合わせると予想されるが、元NBAプレイヤーのケンドリック・パーキンスによると、ポールはレイカーズへ移籍し、ロンドはロサンゼルス・クリッパーズと契約するという。

パーキンスはポールとロンドについて次のようにコメント。clutchpoints.comが伝えている。

レイカーズはクリス・ポールを獲得するだろう。

ロンドはクリッパーズに行くと思うから、彼らはプレイオフ・ロンドを失うことになる。

レブロン・ジェイムスとクリス・ポールの素晴らしい友情については皆が知るところだ。

クリス・ポールはこのオフシーズン、レイカーズかニューヨーク(・ニックス)が行き先になるとされているよね。

彼(ポール)はレイカーになると思う。

そう言っておくよ。

トレードできない場合、彼とサム・プレスティはバイアウトを考えるだろう。

クリス・ポールが来季レイカーになる確率は85%だ。

ポールに興味を持っているニックスは相当な資産をパッケージとし、ポールのトレード獲得を狙うと噂されている。

だが、サンダーはポールに敬意を払い、ポールが望むNBAチームへの移籍をサポートする見込み。

ポールとロンドはライバル関係にあるため、レイカーズがポールを獲得すればロンドは他チームに移籍するだろう。

移籍先がクリッパーズなら、来季のロサンゼルス対決は例年以上に白熱することになりそうだ。

なお、ロンドとポールのNBAキャリアスタッツは以下の通りとなっている。

R・ロンドC・ポール
出場試合数8731020
平均出場時間31.034.9
平均得点10.218.5
平均リバウンド4.74.5
平均アシスト8.39.5
平均スティール1.72.2
平均ターンオーバー2.82.4
FG成功率45.8%47.1%
3P成功率31.6%37.0%
フリースロー成功率60.6%87.0%

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA