【スポンサーリンク】

ヒートは今もブラッドリー・ビールもしくはジェイムス・ハーデンのトレード獲得を狙っている?

昨季NBAファイナリストのマイアミ・ヒートは、今季8試合を終えた時点で4勝4敗にとどまっている。

ヒートはNBA屈指のディフェンスを誇るチームだが、オフェンスに関しては火力不足であり、平均108.5得点はシャーロット・ホーネッツと並んでイースタン・カンファレンスワースト4位。

強豪ひしめくイーストを勝ち抜くためには、スコアリングの問題解消が不可欠だろう。

そんな中、ヒートがNBAを代表するスコアラーのトレード獲得に興味を持っていると報じられた。

theringer.comによると、ヒートはワシントン・ウィザーズのブラッドリー・ビールとヒューストン・ロケッツのジェイムス・ハーデンのトレード獲得に興味を持っているという。

ヒートはNBAキャリア2年目のタイラー・ヒーローをパッケージに含めることを検討していると報じられている。

ヒートは以前もビールもしくはハーデンのトレード獲得を狙うと噂されたものの、ヒートがこれを否定。

だが、シーズン数試合を終えた時点でスコアリングの問題が表面化したため、トレードを狙う可能性は十分ある。

一方、ロケッツはハーデンの残留に自信を持っているとされており、現時点では可能性としてはビールのほうが高いのかもしれない。

果たしてこのトレードは実現するのだろうか?

なお、ハーデンとビールの今季のスタッツは以下の通りとなっている。

J・ハーデンB・ビール
出場試合数710
平均出場時間37.035.9
平均得点26.034.9
平均リバウンド4.95.3
平均アシスト11.05.0
平均スティール0.91.4
平均ターンオーバー4.43.3
FG成功率46.2%49.4%
3P成功率36.4%37.5%
フリースロー成功率87.3%87.4%

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA