【スポンサーリンク】

ポール・ジョージ「全員が互いをサポートしている」

ポール・ジョージ「全員が互いをサポートしている」

NBAタイトル最有力候補の1チームであるロサンゼルス・クリッパーズは、現地6日に昨季NBAチャンピオンのロサンゼルス・レイカーズに圧勝した。

クリッパーズは先月末から3連敗と調子を落としていたものの、その後2連勝とNBAプレイオフに向けてギアを上げ始めている。

ポール・ジョージによると、今のクリッパーズはベンチメンバーも含めて全員が互いをサポートしており、良いケミストリーが構築されているという。

ジョージはクリッパーズについて次のようにコメント。clutchpoints.comが伝えている。

グッドケミストリーのチームだ。

ベンチにいる男たち、コートにいる男たち全員が互いを全力でサポートしている。

楽しいことは素晴らしい。

ここにいる全員が素晴らしいスピリットを持っている。

それが伝染する。

伝染するんだ。

クリッパーズはレイカーズを相手に序盤に二桁リードを奪うと、その後危なげない試合運びで昨季NBA王者を下した。

指揮官のタイロン・ルーHCもクリッパーズの戦いを誇りに思っているというが、ターンオーバーを減らしてリズムを取り戻すことが今後の課題だという。

我々はシーズンを通して団結している。

タフな時も、誰かを指差して批判するような男はひとりもいない。

それが最も大きなことであり、厳しい敗戦の時も団結している。

ダラスに50点差で敗れたとしても、フェニックスに大勝したとしても、我々は団結している。

いま最も重要なのは、リズムを見つけるということだ。

リズムを見つけ、シーズン序盤のような戦いを取り戻さなければならない。

それには少し時間がかかるだろう。

君たちが今夜見たように、前半の我々はいくつか良いプレイがあった。

だが、後半はそうではなかった。

ゲームをフィニッシュする方法については満足していない。

クリッパーズはレイカーズに大勝したものの、NBA屈指のディフェンシブチームであるレイカーズ相手にチーム全体で今季ワーストの22ターンオーバーを記録。

ジョージとカワイ・レナードがそれぞれ5ターンオーバーを記録するなど、精彩を欠くシーンもあった。

とはいえ、この勝利がクリッパーズに大きな自信をもたらしたのは間違いないだろう。

クリッパーズは今季残りの試合で課題を克服し、さらにギアを上げることができるだろうか?

なお、クリッパーズのレギュラーシーズン残りのスケジュールは以下の通りとなっている。

現地日付対戦チーム備考
5/9ニューヨーク・ニックスホーム
5/11トロント・ラプターズアウェイ
5/13シャーロット・ホーネッツアウェイ
5/14ヒューストン・ロケッツアウェイ
5/16オクラホマシティ・サンダーアウェイ

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA