【スポンサーリンク】

ウォリアーズがブルズとのトレードでウェンデル・カーターJr獲得を狙う?

NBAタイトル奪還を目指すゴールデンステイト・ウォリアーズは、このオフシーズン中にビッグマンを獲得すると見られている。

今年のドラフト2位指名権を行使してビッグマンを獲得するのか、それともトレードで放出してすでにNBAでプレイしているビッグマンを獲得するのか注目が集まっているが、トレード交渉はすでにスタートしているようだ。

Hoop Centralによると、ウォリアーズはNBAドラフト2位指名権とのトレードをシカゴ・ブルズと交渉しており、ビッグマンのウェンデル・カーターJrとNBAドラフト4位指名権を求めているという。

このトレードが実現した場合、ブルズはNBAドラフト2位指名権でジェイムス・ワイズマンを獲得すると報じられている。

現在21歳のカーターJrは、NBAキャリア2年を通して先発センターとしてプレイ。

今後さらなる成長が期待されるため、ウォリアーズにとっては将来を見越したトレードになるとも言えるだろう。

なお、カーターJrの昨季とNBAキャリアスタッツは以下の通りとなっている。

2019-20NBAキャリア
出場試合数4387
平均出場時間29.227.2
平均得点11.310.8
平均リバウンド9.48.2
平均アシスト1.21.5
平均スティール0.80.7
平均ブロックショット0.81.1
平均ターンオーバー1.71.6
FG成功率53.4%50.8%
3P成功率20.7%19.7%
フリースロー成功率73.7%76.1%

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA