【スポンサーリンク】

アンドレ・ドラモンド「アンソニー・デイビスとカバーしあっている」

アンドレ・ドラモンド「アンソニー・デイビスとカバーしあっている」

昨季NBA王者のロサンゼルス・レイカーズは現地11日にニューヨーク・ニックスを下し、2連勝を飾った。

NBA屈指のビッグマンであるアンドレ・ドラモンドが加わって以降、レイカーズは初の連勝だ。

ドラモンドによると、デイビスとコートで共にプレイすることにより、確実にケミストリーが高まってきているという。

ドラモンドはデイビスとのプレイについて次のようにコメント。talkbasket.netが伝えている。

ケミストリーで言うと、僕たちが互いにコートのどこにいるべきなのか分かっていると思う。

僕は彼がコートのどこに行くのが好きなのか分かっているし、彼がポストでボールを持った時は邪魔にならないようにしている。

彼がドライブした時も、どこに行きたいのか分かっている。

なぜなら、彼はシュートまで持っていけない時は常にパスを狙っているからね。

ディフェンスで言うと、僕たちは互いに助け合っている。

僕がブロックショットを狙うと、彼は常に僕をカバーしてくれる。

逆も然りだ。

ピック&ロールされた時は、スイッチできるから簡単さ。

一緒にプレイすることにより、本当に機能するようになったんだ。

デイビスとドラモンドによるハイロープレイも見られるようになり、彼らのケミストリーはますます高まっていくだろう。

だが、レブロン・ジェイムスが復帰した時、ドラモンドはポジション取りなどを再び調整しなければならない。

プレイイントーナメントとNBAプレイオフが迫る中、ドラモンドにはレイカーズのシステムに早く慣れ、NBA連覇に貢献してもらいたいところだ。

なお、ドラモンドのレイカーズ移籍後とNBAキャリアスタッツは以下の通りとなっている。

レイカーズ移籍後NBAキャリア
出場試合数18642
平均出場時間24.930.8
平均得点11.414.5
平均リバウンド9.813.7
平均アシスト1.61.4
平均スティール1.21.4
平均ブロックショット0.81.5
平均ターンオーバー2.12.0
FG成功率52.2%53.8%
フリースロー成功率63.5%47.0%

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA