【スポンサーリンク】

グレッグ・モンロー「NBA復帰に集中している」

グレッグ・モンロー「NBA復帰に集中している」

2010年のNBAドラフト7位選手であるグレッグ・モンローは、フィラデルフィア・セブンティシクサーズの一員として過ごした2018-19シーズンを最後にNBAから離れている。

NBAチームからオファーをもらえなかったモンローは、2019-20シーズンドイツのFCバイエルン・ミュンヘンで、今季をロシアのBCヒムキでプレイ。

だが、「個人的理由」により、BCヒムキから契約を解除された。

モンローは現在、NBA復帰に向けてマイアミでトレーニングを続けているという。

モンローは自身について次のようにコメント。hoopsrumors.comが伝えている。

ここ数年の僕は海外でプレイした。

プレイオフは見ていたよ。

参加することはできなかったが、今の僕は(NBAの)チーム復帰に集中しているんだ。

僕は仕事に集中している。

それが僕にコントロールできることさ。

準備はできているし、どんな役割だって受け入れる。

その準備はできている。

僕は何をチームにもたらせるか分かっている。

僕にはスキルと多様性がある。

それを見せる機会を手にし、自分のゲームが進化していることを見せる。

今のゲームのスタイルにフィットするように努力してきたんだ。

モンローによると、NBAチームにタフネスやリバウンド、リーダーシップ、豊富な経験をもたらすことができるという。

モンローはトラディッショナルなビッグマンであり、ポストを主戦場としている。

近年のNBAではビッグマンにもアウトサイドショットが求められているため、モンローはアウトサイドショットにも取り組んでいるのかもしれない。

果たしてモンローはNBAチームとの契約を勝ち取ることができるだろうか?

なお、モンローのNBAキャリアスタッツは以下の通りとなっている。

NBAキャリア
所属チームデトロイト・ピストンズ
ミルウォーキー・バックス
フェニックス・サンズ
ボストン・セルティックス
トロント・ラプターズ
フィラデルフィア・セブンティシクサーズ
出場試合数632
平均出場時間27.7
平均得点13.2
平均リバウンド8.3
平均アシスト2.1
平均スティール1.1
平均ブロックショット0.6
平均ターンオーバー1.9
FG成功率51.4%
フリースロー成功率70.4%

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA