【スポンサーリンク】

ポール・ピアース「ウォリアーズはトレードでニコラ・ブーチェビッチを獲得すべき」

NBA王座奪還を目指すゴールデンステイト・ウォリアーズは、今年のNBAドラフト2位指名権を保有している。

ドラフト2位指名権を行使して若手有望株を獲得するか、それともトレードで放出して即戦力を獲得するか未定だが、ウォリアーズが必要としているのはビッグマンだ。

それを踏まえ、NBAレジェンドのポール・ピアースがドラフト2位指名権のトレードを提案した模様。

ピアースによると、ドラフト2位指名権をトレードで放出し、オーランド・マジックのニコラ・ブーチェビッチを獲得すべきだという。ピアースのコメントをclutchpoints.comが伝えている。

私が思い浮かべている名前は、ブーチェビッチだ。

彼なら彼ら(ウォリアーズ)のガード陣にフィットすると思う。

彼はダウンローで存在感をもたらすし、ショットを決めることもできる。

もし彼らがそうすれば、NBAタイトルコンテンダーになるだろう。

だが、そうしなければウェスタン・カンファレンスの中位くらいになるだろうね。

ブーチェビッチはアウトサイドショットがあるビッグマンであり、相手のビッグマンをアウトサイドにおびき寄せることができる。

だが、NBAドラフト2位指名権だけでブーチェビッチを獲得するのは難しく、アンドリュー・ウィギンスなど即戦力をトレード要員としなければならないだろう。

果たしてピアースの提案は受け入れられるだろうか?

なお、ブーチェビッチのNBA2019-20シーズンとキャリアスタッツは以下の通りとなっている。

2019-20NBAキャリア
出場試合数62598
平均出場時間32.230.3
平均得点19.616.1
平均リバウンド10.910.2
平均アシスト3.62.6
平均スティール0.90.9
平均ブロックショット0.80.9
平均ターンオーバー1.41.7
FG成功率47.7%49.9%
3P成功率33.9%33.5%
フリースロー成功率78.4%74.6%

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA