【スポンサーリンク】

エリック・ゴードン「必要なのは再構築ではなくケミストリー」

ヒューストン・ロケッツは昨季中のトレードでセンターのクリント・カペラを放出し、コートにビッグマンを置かない超スモールラインアップに転向した。

タフなディフェンスとスピードあるオフェンスで戦い、カンファレンスセミファイナルに進出したロケッツ。

だが、サイズと機動力があるロサンゼルス・レイカーズには歯が立たず、超スモールラインアップの限界を感じさせた。

これを受け、ロケッツはオフシーズン中にロスターを再構築し、新たな布陣でNBA2020-21シーズンに臨むと見られている。

そんな中、エリック・ゴードンがチームに言及した模様。

ゴードンによると、ロケッツに必要なのはロスターを再構築することではなく、ケミストリーを高めることだという。ゴードンのコメントをRockets Wireが伝えている。

ケミストリーはもっと良くなるかもしれない。

昨季はたくさんの変更があった。

シーズン途中からスモールボールで戦った。

だが、プレイオフではマッチアップがすべてだ。

僕たちは同じグループで集結し、ケミストリーをもっと構築し、良くなろうとしなければならない。

全員のベストを引き出すプレイをしなければならない。

そうすれば、僕たちは長期的にもっと良くなるだろう。

彼ら(フロントオフィス)がこのチームを再構築するとは、僕は思わない。

このチームは良いチームだ。

人々が言っていることは気にしない。

それは問題ではない。

怪我などすべてのことが起きてしまった。

それでも僕たちは50勝以上記録したんだ。

そう話したゴードンだが、ロケッツは昨季の結果を受け、ロスターにビッグマンを加えると見られている。

ジェイムス・ハーデンとラッセル・ウェストブルックをチームの核とし、どんな相手にも対応できる柔軟性あるロスターを目指すだろう。

主力の多くは残留すると見られており、ケミストリーの改善が期待できる来季はNBAタイトルを狙いたいところだ。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA