【スポンサーリンク】

ブラッドリー・ビール「ここに残ったのは勝ちたいから」

ブラッドリー・ビール「ここに残ったのは勝ちたいから」

NBA屈指のスコアラーであるワシントン・ウィザーズのブラッドリー・ビールは、今季13試合に出場した時点で平均35.4得点と驚異的なパフォーマンスを見せている。

だが、現地27日のニューオーリンズ・ペリカンズ戦で47得点を記録したものの、ウィザーズは敗戦。

ビールは40得点以上を記録した10試合すべて敗れるというNBA史上初の選手となってしまった。

ウィザーズは主力の多くが離脱しており、人手不足の状況が続いているが、ビールは勝てない現状にイライラを募らせているのかもしれない。

ビールはペリカンズに敗れた後、次のようにコメント。ESPNが伝えている。

タフだ。

僕はここに座り、甘い認識を持つつもりはない。

僕たちは勝ちたいし、僕は勝ちたい。

僕がここに残留しているのは、それが理由だ。

ここなら勝てると思っていたんだ。

厳しいね。

昨季もこうだった。

多くの選手が離脱した。

ジョン(・ウォール)が離脱した。

ひどい1年だった。

今季も同じだ。

バブルの外にあるミニバブルのようなものさ。

ファンはいないし、何もない。

練習の時間もない。

本当にタフだ。

ようやくNBAゲームに必要な8人が揃い、リーグに復帰したウィザーズ。

だが、デニ・アブディアやダービス・バータンズ、八村塁、トロイ・ブラウン、イシュ・スミス、モーリツ・ワグナーといった主力陣が今も欠場中。

さらに、先発センターのトーマス・ブライアントが前十字靭帯断裂で今季全休、オフシーズン中のトレードで獲得したラッセル・ウェストブルックはバック・トゥ・バックの出場に制限がかかっている。

指揮官のスコット・ブルックスHCによると、NBAの健康と安全プロトコルがクリアとなったバータンズ、八村塁、ワグナーが次のホークス戦で復帰するという。

主力陣の復帰により状況が好転する可能性があるが、もし好転しないようであればビールはますますフラストレーションを溜め、トレードのターゲットとなるだろう。

なお、ビールの今季とNBAキャリアスタッツは以下の通りとなっている。

今季スタッツNBAキャリア
出場試合数13558
平均出場時間35.934.6
平均得点35.4
(キャリアハイ)
21.3
平均リバウンド5.3
(キャリアハイ)
4.0
平均アシスト4.94.0
平均スティール1.41.1
平均ターンオーバー3.52.3
FG成功率48.1%45.3%
3P成功率36.6%37.9%
フリースロー成功率88.5%
(キャリアハイ)
81.0%

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA