【スポンサーリンク】

カイル・クーズマ「ウォリアーズは今もウォリアーズ」

カイル・クーズマ「ウォリアーズは今もウォリアーズ」

昨季NBAチャンピオンのロサンゼルス・レイカーズは現地18日、ステフィン・カリー率いるゴールデンステイト・ウォリアーズと対戦した。

多くのNBAファンはレブロン・ジェイムスとアンソニー・デイビス擁するレイカーズの勝利を予想しただろうが、ウォリアーズはタフなディフェンスでレイカーズを苦しめ、見事逆転勝利。

NBAチャンピオン最有力候補相手にも十分戦えることを証明した。

だが、NBAキャリア4年目のカイル・クーズマは、ウォリアーズが今もNBAタイトルコンテンダーであることを確信していたのかもしれない。

クーズマはウォリアーズ戦の前に以下のようにコメントしていたという。fadeawayworld.netが伝えている。

彼らはある意味、今もウォリアーズだ。

彼らはウォリアーズバスケットボールをプレイしている。

ステフ(ステフィン・カリー)はいつだって史上最高のシューターだ。

彼らは今も強敵さ。

ウォリアーズはレイカーズに勝利したことで連敗を2でストップし、勝率は再び5割を上回った。

ウォリアーズ王朝の主力だったケビン・デュラントやアンドレ・イグダーラ、ショーン・リビングストンを失い、クレイ・トンプソンも怪我で全休となってしまったが、これまで培ったパッシングゲームがある限り、ウォリアーズはこれからも粘り強いゲームを見せてくれそうだ。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA