【スポンサーリンク】

レブロン・ジェイムス「数年前までの動きを取り戻せている」

レブロン・ジェイムス「数年前までの動きを取り戻せている」

昨季NBAチャンピオンのロサンゼルス・レイカーズは、オフシーズン中にダニー・グリーンやドワイト・ハワード、ラジョン・ロンドなどといった主力クラスの選手たちを失ったものの、デニス・シュルーダーやマーク・ガソル、モントレズ・ハレル、ウェスリー・マシューズなどを獲得することに成功した。

特にシュルーダーの獲得は大きく、ボールハンドラーのシュルーダーが加わったことでジェイムスのオフェンスにおける負担は軽減されている。

ジェイムス自身もシュルーダーとガソルがいることで本来のプレイをできると感じているようだ。

ジェイムスは自身について次のようにコメント。clutchpoints.comが伝えている。

デニスとマークが加わったことにより、オフ・ザ・ボールでプレイし、ボールがないところの動きやカットの動きを取り戻すことができている。

ここ数年はそれができなかった。

僕はワイドレシーバーのスキルを使い、以前の動きを取り戻すことができるんだ。

シュルーダーが加わったことにより、ジェイムスは本来のパワーフォワードのポジションでもプレイすることができている。

また、ガソルが加わったことにより、スクリーンからリムに向かってカットしたり、ローポストでボールを持つことができている。

まだコンビネーションが噛み合わないケースも見受けられるが、試合をこなすに連れて改善するだろう。

NBA連覇は簡単なことではないものの、今季のレイカーズには期待して良さそうだ。

なお、ジェイムスの今季とNBAキャリアスタッツは以下の通りとなっている。

今季スタッツNBAキャリア
出場試合数111276
平均出場時間32.538.3
平均得点24.027.0
平均リバウンド8.37.4
平均アシスト7.77.4
平均スティール0.91.6
平均ターンオーバー3.53.5
FG成功率48.5%50.4%
3P成功率34.8%34.4%
フリースロー成功率71.2%73.4%

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA