【スポンサーリンク】

ラメロ・ボールが不名誉な記録でNBAデビュー戦を終える

今年のNBAドラフト3位でシャーロット・ホーネッツに入団したラメロ・ボールが、現地23日のクリーブランド・キャバリアーズ戦でNBAデビューを果たした。

ボールはNBAを代表するポイントガードへの成長が期待されている逸材であり、多くのファンがボールのデビュー戦に注目していただろう。

だが、ボールはFG5本をすべて外し、無得点に終わった。

ESPNによると、過去15シーズンのNBAにおいてドラフトトップ3の選手が無得点に終わったのは、2008年のグレッグ・オデン、2009年のハシーム・サビート、2013年のオットー・ポーターJr以来だという。

また、精彩を欠いたプレイも見せてしまい、NBAレジェンドのシャキール・オニールからさっそく目をつけられたようだ。

https://twitter.com/shaqtin/status/1341935978211139586

ホーネッツが次に対戦するのは、ロスターを刷新したオクラホマシティ・サンダー。

緊張がとれたであろうボールにはホーネッツを今季初勝利に導く働きを期待したい。

なお、ボールの開幕戦でのスタッツは以下の通りとなっている。

開幕戦スタッツ
出場時間(分)16
得点0
リバウンド1
アシスト3
スティール2
ターンオーバー3
FG成功率0%(0/5)
3P成功率0%(0/3)
フリースロー成功率
+/-+2

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA