【スポンサーリンク】

ラジョン・ロンド「イーストがこれほどタフになるとは思っていなかった」

ベテランポイントガードのラジョン・ロンドはこのオフシーズンにロサンゼルス・レイカーズを離れ、アトランタ・ホークス移籍を決断した。

ホークスはオールスターポイントガードのトレイ・ヤングを中心とし、将来有望な若手が多いチーム。

NBAキャリアを通して初めてチーム最年長プレイヤーになったロンドには、彼らのメンターになることも求められるだろう。

そんな中、ロンドがホークス、および新シーズンのイースタン・カンファレンスに言及した模様。hoopsrumors.comが伝えている。

トレイ・ヤング、ジョン・コリンズ、ケビン・ハーター。

若手たちはものすごく成長の余地があるね。

正直言うと、イーストにこれほどタレントが揃い、タフになるとは思っていなかった。

上位に食い込むのは非常にタフだと思う。

君たちがこれまで見てきたように、プレイオフでは何が起きてもおかしくない。

イーストで特に注目が集まるのは、昨季NBAファイナリストのマイアミ・ヒート、トリスタン・トンプソンを加えたボストン・セルティックス、ケビン・デュラントとカイリー・アービングが復帰するブルックリン・ネッツ、ジュルー・ホリデーを獲得したミルウォーキー・バックス、ドワイト・ハワードとダニー・グリーンが加わったフィラデルフィア・セブンティシクサーズだろう。

ロンドとダニーロ・ガリナリ、ボグダン・ボグダノビッチが加わったホークスにはプレイオフ復帰の期待がかかるが、イーストを勝ち抜くのは簡単ではない。

NBAタイトル獲得を狙えるレベルにはまだないと思われるものの、少なくともプレイオフに復帰し、自信と経験を重ねたいところだ。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA