【スポンサーリンク】

クリスタプス・ポルジンギスがラスト7分間ショットゼロ本について「それが僕たちのプレイ」

クリスタプス・ポルジンギスがラスト7分間ショットゼロ本について「それが僕たちのプレイ」

ダラス・マーベリックスのクリスタプス・ポルジンギスは、現地7日のヒューストン・ロケッツ戦で23得点(FG成功率52.6%)、12リバウンドと、復帰初戦としてはまずまずのプレイを見せた。

だが、最後の7分間は1本もショットを放つことなく、マブスは格下ロケッツ相手に黒星を喫した。

ポルジンギスにはスコアリングによる貢献も期待したいところだが、ポルジンギスによると、最後の7分間でショットアテンプト0本に終わったのはマブスの戦略に従ったためだったという。

ショットアテンプト0本について質問されたポルジンギスは、以下のように返答。fadeawayworld.netが伝えている。

良い質問だね。

あれが僕たちが走らせていたプレイだった。

前にも同じことがあったよ。

マブスで最も重要なボールハンドラーはルカ・ドンチッチであり、ロケッツ戦もドンチッチにボールが集まった。

だが、ドンチッチはショットタッチを終始掴むことができずにいたにもかかわらず、好調だったポルジンギスに第4Qでボールが集まることはほとんどなかった。

一見コーチ批判にも捉えられるポルジンギスのコメントだが、現地8日のミルウォーキー・バックス戦では重要な3Pショットを沈め、マブスの勝利に貢献した。

不満を感じることはあれど、これからもドンチッチとともにマブスを牽引し続けるだろう。

なお、ロケッツ戦とバックス戦でのドンチッチとポルジンギスのスタッツは以下の通りとなっている。

ロケッツ戦のスタッツ

L・ドンチッチK・ポルジンギス
出場時間37:2736:16
得点2323
リバウンド912
アシスト51
スティール10
ブロックショット11
ターンオーバー51
FG成功率34.6%
(9/26)
52.6%
(10/19)
3P成功率11.1%
(1/9)
50.0%
(2/4)
フリースロー成功率80.0%
(4/5)
100%
(1/1)
+/--7-19

バックス戦のスタッツ

L・ドンチッチK・ポルジンギス
出場時間36:5533:17
得点2726
リバウンド917
アシスト91
スティール00
ブロックショット12
ターンオーバー41
FG成功率55.0%
(11/20)
50.0%
(10/20)
3P成功率37.5%
(3/8)
57.1%
(4/7)
フリースロー成功率40.0%
(2/5)
100%
(2/2)
+/-+18+17

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA