【スポンサーリンク】

ヤニス・アンテトクンポがコートに座ったパフォーマンスついて「あの瞬間を楽しもうとした」

ヤニス・アンテトクンポがコートに座ったパフォーマンスついて「あの瞬間を楽しもうとした」

NBAチャンピオンを目指すミルウォーキー・バックスは現地17日、イースタン・カンファレンス首位のフィラデルフィア・セブンティシクサーズをオーバータイムの末に下した。

2年連続MVPのヤニス・アンテトクンポはオーバータイム中に重要なジャンパーを決めた後、コートに座るパフォーマンスを披露。

この日はシクサーズのホームゲームだったため、アンテトクンポのパフォーマンスを不快に感じたシクサーズファンは少なくなかったというが、アンテトクンポによると、あの瞬間を楽しむためのパフォーマンスだったという。

アンテトクンポはコートに座ったパフォーマンスについて、「君はアメフトの大ファンだから、アメフトの真似をしたの?」と質問されると、次のように返答。clutchpoints.comが伝えている。

あの時はああしたかったんだ。

アメフトであれを見たことはないよ。

あの瞬間をただ楽しもうとしただけさ。

勝とうが負けようが、この瞬間は二度と戻らないからね。

あの時、あの瞬間は僕たちに有利な状況だったから、できるだけ楽しもうとしたんだ。

シクサーズとの激闘を制したバックスは、これで5連勝。

次はNBAプレイオフ復帰を狙うサンアントニオ・スパーズと対戦する。

イースト首位のシクサーズから同3位のバックスまで1.5ゲーム差と拮抗している中、バックスとしては連勝を続けたいところだろう。

なお、シクサーズのドワイト・ハワードはアンテトクンポのコートに座ったパフォーマンスを受け、次のようにコメントした。

彼にストーン・コールド・スタナー(プロレス技)を仕掛けたかった。

だが、僕はすでにテクニカルファウルを1度コールされていたからね。

彼はとんでもないゲームをやってのけた。

トラッシュトークやネガティブなことは言いたくないが、彼とはまた会うだろう。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA