【スポンサーリンク】

昨季のベン・シモンズはシクサーズで孤立していた?

フィラデルフィア・セブンティシクサーズのベン・シモンズとジョエル・エンビードの間には確執があると噂されていた。

これに対しシクサーズは何も対処しなかったのか、シモンズはシクサーズの体制に強いフラストレーションを感じていたようだ。

fadeawayworld.netによると、シモンズはシクサーズのスタッフに幻滅し、トレーナーのクリス・ジョンソンの監視下でシクサーズから離れて練習することが多かったという。

それがシクサーズのコーチ陣やチームメイトたちとのケミストリーに悪影響を及ぼしたとも報じられている。

シクサーズは昨季終了後、ヘッドコーチを7年間務めたブレット・ブラウンを解雇し、ドック・リバースを新ヘッドコーチに起用。

球団社長にはヒューストン・ロケッツで実績を残したダリル・モレーを招聘した。

昨季のシモンズがフロントオフィスに不満を持っていたのなら、この変更はプラスに働くだろう。

なお、シモンズは先日、現在のシクサーズについてこう語っていた。

バイブスはすごく良くなってきている。

全員が練習に来たいと思っている。

全員が早くショーアップしたいと思っている。

ジョエルが彼のゲームに取り組んでいるのを見た時、僕はもっとハードに働きたいと思ったよ。

【スポンサーリンク】

  • Comments ( 1 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. By 匿名

    エンビートもPO勝てない選手になったな。
    SNSは強気だけど

*

CAPTCHA