【スポンサーリンク】

ペイサーズとロケッツがトレード交渉を開始?

ペイサーズとロケッツがトレード交渉を開始?

インディアナ・ペイサーズは先日、新ヘッドコーチにリック・カーライルを起用した。

カーライルHCにはダラス・マーベリックスをNBAチャンピオンに導いた実績があり、ペイサーズはカーライルHC指揮下でNBAチャンピオンを狙えるロスターを構築すると見られている。

ペイサーズは手始めに、今年のNBAドラフト13位指名権をトレードで放出し、即戦力となれる選手獲得に動くかもしれない。

clutchpoints.comによると、ペイサーズはNBAドラフト13位指名権をトレード材料とし、再建中のヒューストン・ロケッツと交渉しているという。

NBAドラフト13位で指名できる選手は、将来的に大きな戦力となる可能性があるものの、即戦力となれる可能性は低い。

ペイサーズは契約を2年以上残している選手とのトレードを望んでいると報じられており、そうなるとエリック・ゴードンやクリスチャン・ウッド、ジョン・ウォール、ケビン・ポーターJrが候補に挙がるだろう。

ただし、ペイサーズはウォールに興味を持っておらず、またドマンタス・サボニスとマイルズ・ターナーがいることから、ウッドを獲得する必要もない。

果たしてペイサーズはどの選手とのトレードを求めるのだろうか?

なお、ロケッツで契約を2年以上残している選手は以下の通りとなっている。

選手名備考
エリック・ゴードン2024年に完全FA
KJ・マーティン2024年に完全FA
※契約最終年はチームオプション
ケビン・ポーターJr2023年に制限付きFA
※契約最終年はチームオプション
ジェイショーン・テイト2023年に制限付きFA
※契約最終年はチームオプション
カイリー・トーマス2024年に完全FA
※契約最終年はチームオプション
ジョン・ウォール2023年に完全FA
※契約最終年はプレイヤーオプション
クリスチャン・ウッド2023年に完全FA
DJ・オーガスティン2023年に完全FA

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA