【スポンサーリンク】

カイル・クーズマ「この機会を望んでいた」

カイル・クーズマ「この機会を望んでいた」

NBAキャリア4年をロサンゼルス・レイカーズで過ごしたカイル・クーズマは、オフシーズン中のトレードでワシントン・ウィザーズに移籍した。

ここ数年のクーズマは安定したパフォーマンスを見せることができず、ホームのファンからもブーイングを浴びることも少なくなかったが、トレード後は素晴らしいパフォーマンスでウィザーズの勝利に貢献している。

クーズマ自身も今の状況を楽しんでいるのかもしれない。

talkbasket.netによると、クーズマは自身の状況について以下のようにコメントしたという。

ロサンゼルスで学んだことを、ウィザーズのフロントプレイヤーになるために活かしている。

僕はこの機会を望んでいた。

誰かの影に隠れることではない機会を望んでいたんだ。

クーズマはレブロン・ジェイムスとアンソニー・デイビスに次ぐ選手への成長が期待されていた。

だが、ジェイムスとデイビスの存在があまりに強く、クーズマの成長は停滞してしまった。

ウィザーズは若手も多く、今最も勢いがあるNBAチームであり、そのチームで実績を残しているクーズマはますます成長するに違いない。

なお、クーズマの今季とNBAキャリアのスタッツは以下の通りとなっている。

2021-22NBAキャリア
出場試合数13289
平均出場時間33.229.8
平均得点14.515.2
平均リバウンド9.1
(キャリアハイ)
5.8
平均アシスト1.91.9
平均スティール0.7
(キャリアハイ)
0.6
平均ターンオーバー1.81.7
FG成功率41.9%
(キャリアワースト)
44.6%
3P成功率37.1%
(キャリアハイ)
34.0%
フリースロー成功率51.7%
(キャリアワースト)
71.9%

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA