【スポンサーリンク】

ジェイムス・ハーデン「フリースローはゲームの一部」

ジェイムス・ハーデン「フリースローはゲームの一部」

フィラデルフィア・セブンティシクサーズのNBAオールスター、ジェイムス・ハーデンとジョエル・エンビードは、ディフェンダーからファウルを引き出す技術に長けた選手だ。

そのハーデンとエンビードについて、ロサンゼルス・クリッパーズを指揮するタイロン・ルーHCは先日、「彼らからフリースローを取り除けば、NBA得点ランキングでトップ10に入らない」と指摘した。

ルーHCの発言はハーデンを不快な気分にさせたのかもしれない。

ハーデンはルーHCの指摘を受け、次のように反論したという。fadeawayworld.netが伝えている。

その件については気にもしていない。

フリースローはゲームの一部だ。

(フリースローで)リーグをリードしているジョエルとヤニス(・アンテトクンポ)を見てくれ。

彼らからフリースローを除いたからといってどうなるんだ?

僕にはあのコメントの意味が分からない。

フリースローはゲームの一部さ。

ルールを守り、ファウルしないのはディフェンスの役目だ。

コーチたちはそのことを選手たちに教えるべきじゃないかな。

僕は気にもしていない。

僕はただコートに出て、ゲームにインパクトをもたらすだけさ。

フリースローの件については、ハーデンはこれまで何度も同じような指摘を受けてきたのだろう。

NBAがルールを変えない限り、ハーデンは相手から巧みにファウルを引き出し、得点を重ねていくに違いない。

なお、NBA2021-22シーズンのフリースローアテンプトランキングのトップ20は以下の通りとなっている。

順位選手所属FTA
1ジョエル・エンビードPHI803
2ヤニス・アンテトクンポMIL766
3デマー・デローザンCHI593
4トレイ・ヤングATL553
5ジェイムス・ハーデンPHI536
6ルカ・ドンチッチDAL489
7ジェイソン・テイタムBOS469
8ニコラ・ヨキッチDEN468
9カール・アンソニー・タウンズMIN467
10ジミー・バトラーMIA455
11ルディ・ゴベアUTA439
12ジャ・モラントMEM415
13ハリソン・バーンズSAC413
14ケビン・デュラントBKN409
15RJ・バレットNYK406
16シェイ・ギルジアス・アレクサンダーOKC405
17ジュリアス・ランドルNYK401
18ラッセル・ウェストブルックLAL399
19パスカル・シアカムTOR379
20ザック・ラビーンCHI375

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA