【スポンサーリンク】

タイロン・ルーHCがダリル・モレーに「自分のチームのことだけ心配すべき」

タイロン・ルーHCがダリル・モレーに「自分のチームのことだけ心配すべき」

ロサンゼルス・クリッパーズを指揮するタイロン・ルーHCは先日、フィラデルフィア・セブンティシクサーズのNBAオールスター、ジェイムス・ハーデンとジョエル・エンビードについて、「彼らはフリースローを除けばNBA得点ランキングトップ10に入らない」などと指摘した。

これを受け、シクサーズのバスケットボールオペレーション部門代表を務めるダリル・モレーは「クリッパーズのオフェンスランキングはフリースローなしで30位」、「選手がファウルされるということは、他のチームが彼らを止めることができないということだ」と反撃。

だが、ルーHCとモレーの論争はこれで終わりではなかったようだ。

larrybrownsports.comによると、ルーHCはモレーの発言を受け、次のように反撃したという。

彼はいまツイートすべきか?

彼が最後にツイートした時、彼はNBAに10億ドルの損失を与えた。

だから、彼はあまりツイートすべきではないんじゃないかな。

自分のチームのことだけを心配すべきだ。

モレーはヒューストン・ロケッツに所属していた当時、香港をサポートするツイートをした。

これに中国が激怒すると、中国のショップからはロケッツのアイテムが消え、中国はNBAゲームの放送を中止するなど厳しい態度をとった。

モレーの過去を蒸し返すあたり、ルーHCはモレーの反撃を相当不快に感じているのかもしれない。

なお、ルーHCはハーデンとエンビードに対する指摘について、以下のように弁明している。

彼らにファウルし続けたら、彼らは50点スコアリングできる。

我々は彼らにフリースローではなくフィールドゴールを狙わせたい。

なぜなら、彼らは巧妙にフリースローラインにたどり着くからね。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA