【スポンサーリンク】

トロントが都市をあげてカイル・ラウリーを祝福?

トロントが都市をあげてカイル・ラウリーを祝福?

昨年夏のサイン&トレードでトロント・ラプターズからマイアミ・ヒートに移籍した元NBAオールスターポイントガードのカイル・ラウリーが、現地3日に古巣スコシアバンクアリーナに凱旋した。

昨季のラプターズはホームを一時的にタンパに移したため、ラウリーがスコシアバンクアリーナを訪れるのは2020年2月以来、実に約2年ぶりとなる。

ラプターズは英雄の帰還をトリビュートムービーで祝い、会場を訪れたファンもスタンディングオベーションで祝福するなど、ラウリーにとって特別な夜になった。

だが、祝福ムードに満ちていたのはスコシアバンクアリーナの中だけではなかったのかもしれない。

fadeawayworld.netによると、トロントの郊外の複数の場所でラウリーの銅像が公開されたという。

https://twitter.com/TSN_Sports/status/1510651873740656660

ラウリーはラプターズ史上最も偉大なNBA選手であり、ラプターズで初めて永久欠番になると見られている。

ラウリーもラプターズ愛を失っておらず、現役引退前にラプターズと1日契約を交わし、ラプターズの一員としてNBAキャリアを終えることを宣言しているほどだ。

その時のトロントはさらに盛り上がり、トロントの人々はラウリーの献身に感謝し、祝福することだろう。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA