【スポンサーリンク】

ケイレブ・マーティンがヒート移籍の理由について「文化と評判」

ケイレブ・マーティンがヒート移籍の理由について「文化と評判」

NBAキャリア2年をシャーロット・ホーネッツの一員として過ごしたケイレブ・マーティンは、2ウェイ契約でマイアミ・ヒートに移籍した。

マーティンにはスタンダード契約を勝ち取るパフォーマンスを期待したいところだが、マーティンにとってはヒートが最も成長に適したNBAチームなのかもしれない。

マーティンによると、ヒートとの契約を決断したのはチームの文化と評判が大きかったという。

マーティンはヒートについて次のようにコメント。the Miami Heraldが伝えている。

文化と評判が僕の目を引いた大きな要因だった。

もちろんコーチングスタッフやここにいる全員もね。

彼らが言っていたひとつは、成長させることに注力しているということだった。

僕が最高の選手になるために、彼らは僕とともに働き、できる限りを尽くしてくれるだろう。

僕のプレイスタイルという観点から、彼らはここが僕にとって最適な場所だと考えている。

僕もそう思っているんだ。

ヒートにはサンアントニオ・スパーズと同じく、若手を成長させる文化があるというが、マーティンにとってNBA選手として成長する大きな機会となるのは間違いないだろう。

2ウェイ契約であるためNBAでプレイできる機会は限られているものの、コートに立った際はチャンスを最大限に活かし、NBA選手としてステップアップしてもらいたいところだ。

なお、マーティンの昨季とNBAキャリアのスタッツは以下の通りとなっている。

2020-21NBAキャリア
出場試合数5371
平均出場時間15.416.0
平均得点5.05.3
平均リバウンド2.72.5
平均アシスト1.31.3
平均スティール0.70.7
平均ターンオーバー0.60.7
FG成功率37.5%39.1%
3P成功率24.8%31.5%
フリースロー成功率64.1%68.2%

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA