【スポンサーリンク】

サンズのNBAプレイオフ敗退要因は選手たちの体調不良?

サンズのNBAプレイオフ敗退要因は選手たちの体調不良?

NBAオールスターのクリス・ポールとデビン・ブッカー擁するフェニックス・サンズは、ウェスタン・カンファレンス2位のメンフィス・グリズリーズに8ゲーム差をつけてNBAプレイオフに進出したものの、カンファレンスセミファイナルで敗退した。

サンズにとって悔いが残る結果になっただろうが、カンファレンスセミファイナルを突破できなかった要因のひとつは体調不良にあったのかもしれない。

hoopsrumors.comによると、ダラス・マーベリックスとのカンファレンスセミファイナル第6戦の後にブライアン・ゲイツACがNBAの健康と安全プロトコルにより離脱すると、最終第7戦の翌日に選手を含む複数のメンバーに陽性反応が出たという。

各NBAチームはシーズンを終えた後、選手たちと面談を行う。

だが、サンズは陽性反応のメンバーが続出したことにより、対面で話をするのではなく、Zoomでの全員同時面談に切り替えたと報じられている。

気になるのはサンズがNBAのガイドラインを遵守していたのか、という点だが、サンズはあらゆるガイドラインを遵守したと主張した一方で、詳細についての言及は拒否したと報じられている。。

また、NBAのスポークスマンはサンズの選手やスタッフに「ガイドラインを破った証拠はない」としたという。

いずれにせよ、サンズには来季のリベンジを期待したいところだ。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA